2010 Menuへ戻る
5日目の宿泊は石油くみ上げポンプが見えるテキサス南東部ボーモント(Beaumonto)の街です、翌朝ボーモントを出発 ハイウエー(I-10) を東へすぐに州境を越えルイジアナ州インフォメーションセンターへ、センター裏の湖には鰐に注意の警告が!入江や湿地帯が多いルイジアナを実感、ルイジアナの州旗には州のシンボルペリカンが描かれています。
ルイジアナ州の I-10 は湿地帯や湖上を走る水上のハイウエーが延々と続く、やがてミシシッピー河に架かる橋を渡るとルイジアナの州都バトンルージュ(Baton Rouge)の街が広がり川岸には外輪船(ショーボート)の姿も、バトンルージュにある州議事堂はアメリカの州議事堂で最も高層、34階建てで高さ約150mあります。
ミシシッピー河に架かる橋は下を行き交う船のため高い橋脚上を渡ります、バトンルージュから川沿いを南下、樫の大木28本が400メートルに渡ってトンネルを作る景観が有名なオーク・アレイ・プランテーション(Oak Alley Plantation)1837-1839年に建てられたとされるギリシャ建築様式の農場主邸宅、広大なサトウキビや綿花農場の中に立つ豪邸はいっそう豪華な雰囲気を作り出しています。
(見たい写真をクリックし写真ページへ進んでください)